Hamasaki Orthodontic Office

tel:0984-22-8200

矯正治療の流れ

福岡/矯正歯科/筑豊/飯塚/直方/田川/嘉麻/歯並び/鞍手/宮若/歯列矯正

  • 床矯正
  • よくある質問はこちら
  • 症例写真

治療のながれ

1 初診

お口の中を拝見し、治療のあらましをご説明します。不正咬合の状態は様々です。
かかる時間は1時間程度です。

2 精密検査

現在の状況を正確に把握した上で患者さんひとりひとりに最適な治療方法を選択しなければなりません。 歯の型を取ったり、顔や頭などの写真やレントゲン写真を撮影し、詳細に検査します。 かかる時間は1時間~1時間30分程度です。

3 コンサルテーション

検査の結果を元に診断を行い、治療方針・方法、装置、期間等のご説明をします。
患者さんひとりひとり不正咬合のかたちが違います。
正確な資料(検査結果)をもとにその患者さんに合った治療計画を立てます。
かかる時間は1時間~1時間30分程度です。

患者さんによって、虫歯や歯周病になるリスク(危険性)は異なります
その患者さんに合った虫歯予防法、歯肉の病気予防法を考えます。
予防法を考える際の手助けの一つになるのが唾液検査です。
矯正装置がおくちの中に入ったときの食生活、ブラッシング法等を指導していきます。

4 治療開始

治療方針についてご理解いただいた後に治療を開始します。

5 保定の始まり

歯並びが良くなっても治療が終わったわけではありません。
歯並びが良くなってからは歯やあごが新しい位置で安定するのを待つことになります。
この期間を保定期間といい、今までの矯正装置に変わって、保定装置という装置を使っていただくことになります。

保定期間は個人差がありますが2年から3年程度です。
また、通院間隔も1ヶ月に1回、または2、3ヶ月に一回で良いようになります。
保定期間中は見かけは治ったようでも、まだ安定した状態になっていないのですから、きちんと安定するまで治療を続けてください。

6 矯正治療終了

きちんと安定したら、矯正治療は終了です。

PageTop