Hamasaki Orthodontic Office

tel:0984-22-8200

矯正治療について

福岡/矯正歯科/筑豊/飯塚/直方/田川/嘉麻/歯並び/鞍手/宮若/歯列矯正

  • 床矯正
  • よくある質問はこちら
  • 症例写真

矯正治療とは?

歯ならびや咬み合わせが悪いことを不正咬合といいます。不正咬合があると、口もとの形が良くないばかりでなく歯みがきが十分に出来ずに虫歯や歯ぐきの病気にかかりやすくなります。また、食物を良く咬めなかったり、発音がおかしくなったりすることもあります。さらに、不正咬合は顎の成長や、顔かたちに影響して、口もとに対するコンプレックスを与えることもあります。矯正治療とは歯ならびをきれいにし、あるいはさらに顔かたちに影響を与えることでこのような障害を取り除き、心身ともに健康な状態にする治療なのです。

不正咬合の原因は?

不正咬合を起こす原因は大きく分けて二つあります。その一つは遺伝によるものです。これは生まれながらのものなので、現在のところ予防は出来ません。もう一つは骨の発育障害や指しゃぶりなどの癖によるものです。また、虫歯も治療しないで放置すると、歯並びを悪くする原因となります。

矯正治療の開始時期

治療時期は通常、乳歯が抜けて永久歯にはえ変わる時が良いのですが、場合により乳歯の時に治した方が良いこともあり、また大人になってから治した方が良い結果を得られる場合もあります。このように不正咬合の状態によって、治療開始時期は様々です。そのため、まず診察をお受けになり、最も良い時期に治療を開始する事が大切です。

治療期間について

悪い歯並びを治すには歯を動かしてきれいに揃えなければなりません。ところが歯の根は、あごの骨の中に埋まっているので歯が動くためには根の埋まっている周囲の骨が吸収したり、あるいは新たに骨ができたりする必要があります。その骨の変化の速度はとてもゆっくりしたものであるため、個人差はありますが、歯を動かし、上下の噛み合わせを治す期間だけでも最低2年ぐらいかかるのです。また、不正咬合の状態によっては乳歯が残っている時期に一度治療を行い、永久歯がすべてはえそろった時期に再び治療を始めなければならない人もいます。また、ある程度あごの骨の成長が終わるまで経過観察を行ってから治療を始めた方が良い人もいます。症例によっては、小さい時から始めて終わるまで10年以上かかることもあります。

通院について

装置が入った後は通常3~4週間に一度の割合で通院していただく事になります。これは歯の動きやあごの骨の変化に合わせた期間なのですが、矯正装置はこの期間ちょうど働くように調整します。従ってこの間隔できちんと来院してくださらないと矯正装置は働かなくなり良い治療結果は得られません。

約束をお守りください。

もし、装置を指示通り使わなかったり、自分でいじってこわしたりすると治療はうまく進みません。
また、通院日に約束通り来院されなかったり、途中で治療を止めると始める前よりいっそう悪くなることがあります。

治療中に進学や転勤で遠くへ引っ越す場合はどうなりますか?

通常通り3~4週間に一度の割合で通院できる場合は、当院で引き続き治療いたします。通院できない場合は、転居先近くの矯正医をご紹介いたします。また、治療費をすでにお支払いいただいてる場合でも、治療の進行状況に応じてご返金いたします。

矯正治療についてセカンドオピニオンをいただくことはできますか?

はい。大丈夫です。不安なことや、気になることがありましたら、まずは現在かかられている先生へご相談されるのが良いと思いますが、相談できない場合や相談しても納得できない場合は当院へご相談ください。

矯正治療に伴う抜歯や、虫歯の治療はできますか?

大変申し訳ございませんが、当院は矯正歯科専門で診療させていただいておりますので、おこなっておりません。必要がある場合は、かかりつけ、またはお近くの歯科医院に紹介状を書いてご紹介いたします。

PageTop